アニカで娘と父(ステップファミリー)の関係が大改善

ステップファミリーって知っていますか?
再婚などするときにカップルのどちらかか両方に子供がいて、子どもは実の親でない人を親として一つ屋根の下で暮らしている家族でかす。

私はいままでこのような家族がいることを知ると、ある意味尊敬の念をいだいていました。
しかし実のところ甘くないのですね。初めはうまくいくと思っていても、たくさんのステップファミリーが苦しんでいることを知りました。

ステップファミリーの問題点

先日、主婦の方がご家族5人で「健康スタジオ」に来られました。
その内の3人がBSセラピーを受けましたが、30代の主婦の方(Eさん)にたったの4か所ですが「アニカ」しました(正式には18か所にヒーリングをする)。

家に帰って、Eさんのお母さんがステップファミリーで悩む札幌の長女(Eさんのお姉さんのKさん)にアニカの奇跡の話をしました。

Kさんはすぐに札幌まで私に出張で来てもらえないかと言われたそうです。
それで妹のEさんが動きました。私に出張依頼のメールをくれました。その一部です。
「この急な展開も、姉がようやく自分で行動を起こそうとし始めたのも、私が昨日先生にアニカを受けた効果と確信しています。」
(アニカは自分以外の人の潜在意識にも波及する)

10月8日に日帰りで札幌に行って来まして、お話を聞くと、9歳の長女 (Bちゃん) と義父の関係が日に日にこじれてきて、もう今は「険悪」とのこと。
新たな命(次女)の誕生も絡んで、事態は収束がつかなくなってきているようでした。
このままひとつ下の屋根で暮らすことはもう限界のようで、長女の
Bちゃんを実家に預けようと思っていた矢先で、すがる思いでお母さんのKさんはアニカに賭けました。

お母さんと長女のBちゃんの「対面アニカ」と「BSセラピー」、そして東京に帰った後で「遠隔アニカ」では "御両家の先祖供養による救済" を念頭にさせていただきました(出張前にご主人の遠隔アニカは終えていた)。
アニカの結果を体験談としてKさんにまとめていただきましたので、御了解を得て公開させていただきます。


《新たな人生の始まり》
札幌在住の主婦です。私の連れ子(長女・9歳)を連れて4年前に今の主人と結婚し二女も生まれたのですが、主人と長女の関係が悪く、又私と長女もうまくいっているとは言えず、3人共がもうだいぶ心が病んでしまっている状態でした。


常日頃主人に冷たくされている長女を、私の両親に預けるべきかの瀬戸際にきており、もうこれ以上努力も成す術もないまま藁(わら)をもすがる思いでアニカを受けました。

主人と長女の不仲は年々酷くなっていて、児童相談所のような所やカウンセリングに通ったり、近親者の意見を聞いたり、当事者である主人や長女と数え切れない程話し合いを重ねましたが、解決に向かう兆しさえなく、時間ばかりが年単位で過ぎて行きました。

主人は自分でも理由なく長女の言動にイライラするため、どうにもコントロールできず、又長女にイライラさせられる毎日にほとほと心が疲弊し、冷たく固い気持ちになっていたと思います。
長女は悪意なくそれらの言動を行うのですが、私から見ても何ともいえず人を嫌な気持ちにさせる部分があり、しかしだからといってそれを理由に主人が長女に冷たくするのは見ていられず、胸を痛めていました。

仲が良ければさほど問題にならないことも、ピリピリしているのでどんな事でもいちいち揉め、主人が長女に口を利く事といえば注意や小言のみで、娘を認める発言や肯定的な言葉はなく、(主人は) 3人が仲良くなるということを諦めてしまっていたようでした。

長女は長女で自分を認めてくれない主人を心では嫌い、二女ばかり可愛がる姿に傷つき、そんなとき私が味方になってやれれば良いのですが、私にも刃を向けて来る長女に何ともいえない憎らしさを感じ、葛藤や自責の念に苛まれた毎日でした。

そして家庭の中で愛情や信頼関係を持てないまま、この成長期を過ごさせる事を危惧し、両親の元に引き取って貰う前の最後の手段としてアニカを受けました。

二女が2才であるため小金井先生の健康スタジオに日帰りで行くのが難しく、出張して頂けないかとお伺いした所快諾を頂き、札幌の自宅で施術して頂く事ができました。
内容はBSセラピー、チャクラ調整、アニカで、学校から帰ってきた長女もBSセラピーとアニカを短時間受けました。

やっている最中は特に何も感じなかったのですが、アニカを受けてから3人の関係が確実に良くなりました。特に主人の長女に対する態度が柔らかくなり、以前は長女が何か言っても返事もろくにしなかったり、面倒臭そうに相槌を打って相手にしなかったりしていましたが、今は普通に返事をしています。主人が長女の一挙手一投足にあまりイライラしなくなったので、だいぶ家の中の状態が良くなりました。


仕事から疲れて帰ってきて長女が態度悪い言動をしたとき、行儀悪く食事をしているとき、みんなで見ているテレビのチャンネルを勝手に変えたり、これをしなさいなどの指示を素直に聞かず反抗して押し問答を続けたとき、二女と遊んでいて危ない事をしたとき等など、以前なら主人が怒って何日も険悪になっていたことが、(今では彼女の言動が前ほど気に障らなくなった様子か)少し注意をしたとしても以前のような、長女を攻撃する言い方ではなくなりました。

私は長女に対し、実の母親なので、ぶつかったり怒ったりしても大丈夫だと思っており、彼女の長所も認めた上で私生活で怒る事があっても致し方ないと思っています。
それでもアニカを受けてからは、怒った私も、怒られた長女もあまり後をひかず、その時が過ぎればお腹の中は以前ほど黒いものが溜まっていっていない気がします。

今思えば本人達でさえ(わかっていながらも)どうすることもできない問題は、アニカでしか解決できなかったのかもしれません。

小金井先生のアニカを受ける事ができたおかげで、家庭内の状態がだいぶ良くなり、今では特に長女が可哀相という状況ではなくなりました。
主人がしょっていた背後の黒い部分や長女の心の奥に溜まった暗いものが取れたので、少々ぶつかる事があっても表面の所のみで終わっている気がします。かつてのように、深い所を傷つけあう事がなくなりました。

本当にアニカを受けて良かったです。
まだ完全とはいかない部分もありますが、あとは私の努力と真摯な姿勢で家族に向き合い、皆が円滑になるように調整していく事で乗り切れる気がします。
小金井先生本当に有難うございました

 


 

東京に帰ってからした遠隔アニカ(御先祖供養)では、遠隔中は寝ていてもらいますが、Kさんは遠隔アニカが始まってからしばらくして左肩が痛くなり、間もなく両肩が重くなってきたと後でメールをくれました。遠隔アニカも確実に良き御計らいが為されていたと思います。


Kさんはアニカで良くなったことを話してしまうと、せっかくやってきた幸せが逃げてしまうのではと控えめなことを言っていましたので、体験談は実際よりも慎重な文面になっていると思います(アニカにより起きた意識の変化は一時的なものではなくこれまでの例ではすべて持続している)。
東京に帰ってからアニカセラピー6日後にお電話しましたら、私には「今までと全然違います」と驚かれていましたので。

Kさんは以前に霊的なリーディングを何度もされているようで、3人の確執は複数の前世から持ち越しているとのことです。私もそれは間違いのないところだと観じます。
子供の魂は親の犠牲になるべく生まれて来ている場合もがあり、娘と義父との問題という観点のみでなく、自分の成長のために家族は問題を作って(悪い子を)演じてくれているという観点も必要だと思います。特に光あふれる存在には邪魔も多く入るものです。

人間は顕在意識の部分よりも潜在意識によって無意識に動かされている部分がとても多いので、「何だか知らないがあいつのことが気に入らない」という前世から持ち越してきた意識や、恨みによって生じたカルマ(カルマを作っている恨みの霊がいる)によって意識が操られてしまう部分が多くあるものです。またカルマは先祖代々続くものが多くあり、本人だけ癒してもラチが明かない場合があります。
(これに関しては別途具体的に記事にしたいと思います)

ひとつ言えることは、カルマは学びの材料なので自分で償還しないとならず(蒔いた種は自分で刈る)、私が治療家として人のカルマを勝手に償還してしまうと、そのカルマを私が肩代わりするか、クライアントさんが今生で良くなったとしても、それをまた来世に持ち越すことになってしまいます。
 その辺のことは志摩川さんの前生の「おもいで」の中の霊界での教えに詳しくあります
 (リンク先の文中 4.5.6.のところです)

しかし今、ノートルダム清心女子大学物理学教授 保江(やすえ)邦夫先生が昨年の9月に出版した「予定調和から連鎖調和へ」にもありますように、地球のエネルギーが新しい地球構築に向けて大きく変わり始めています。パシャールによると来年(2015年)が審判の一つの区切りと言っていますが、それだけに急を要するということです。これまでの常識では考えられないこと、理屈だけで簡単にわからないことが今後のヒーリングの世界でも多く起こってくることでしょう。

新しい地球に向けて何かが変わってきていますが、それを別にしても、カルマとしては既に充分に学びを終えているのに長いカルマの学びの中で作ってしまったブロックを(本人の所為ではなくて)取り除けなくなってしまっている人が多くいるように思います。
またカルマを作っている因縁霊にしても、もう充分に苦しめていて既に恨みも大分なくなっているのに、明るいところに帰るきっかけというものがないのだと思います。特に本人ではなくて祖先から受け継いできたカルマは必要のないものが多いように感じます。だからこそ、祖先供養は必要なのです。
(カルマは恨みから生まれている… これも別途、近々記事にさせてください)

 このほかにもアニカ効果として「健康スタジオ」では、

●3人家族のご家庭のご主人にアニカしたら、ウツの奥さんの笑顔が増えて性格も優しくなり、自分も奥さんに対する愛情が深まり、会話の少なかった息子さんが話をよくするようになり、家族全員に波及効果があった。

●ウツの息子さんといらしたお母さんに「その因子がお母さんにあるのでは?」ということを想定してアニカしましたら、息子さんは変化なくアニカした翌日にお母さんが元気になって、換気扇を掃除しなきゃしなきゃとずっと思っているだけで掃除しなかったのが、朝からハイになって換気扇はじめ家の掃除をしまくった。

など、いろいろと報告が来ています。
アニカは、何が起こるか予測が付きません。